ウォーターサーバー 電気代

ウォーターサーバーのコストを徹底解剖
電気代、その他のコストは?

ウォーターサーバーの平均的な電気代って?

「ウォーターサーバーってどのくらい電気代が掛かるか分からない…、高くなければ家にも置きたいけど…。」
そんな声をよく聞きますが、ウォーターサーバーの電気代は心配するほど高くはありません。

ウォーターサーバーの電気代は月に1,000円〜1,200円ぐらいが一般的です。もちろん電気ポットや電気ケトルなどよりは高いですが、いつでも冷えたお水と熱いお湯が使えたり、毎回お水を購入し家まで運ぶ手間を考えると、むしろ経済的だと言えます。
一度使ってみると、その便利さに驚きます。

さらに、最近は各メーカーの技術力も上がり、省エネ&節電化が進んでいます。

一覧比較!大手各社のウォーターサーバー電気代/月

アクアクララ 約350円/月(アクアアドバンス、ドレスアップサーバー)
約550円/月(アクアトラスト)
約1,000円/月(アクアスリム、アクアレール)
クリクラ 約700円/月(省エネサーバーL)
約500円/月(省エネサーバーS)
コスモサーバー 約400円/月(SMART)
約680円/月(スタイルセレクト)
クリティア 約504円/月(スリムサーバーⅡ)
約800円/月(クリティアmini)
フレシャス 約700円/月
キリン アクウィッシュ 約972円/月

月の電気代が一番安いのはアクアクララ!

一覧表から分かる通り、電気代が一番安いのはアクアクララの『アクアアドバンス』というウォーターサーバーです。(※同じメーカーでもサーバーによって電気代が変わってきます。)他のメーカーや他のサーバーと比べても格段に電気代が安いですね!

次世代ウォーターサーバーと言われる『アクアアドバンス』はサーバーにICチップを搭載し、独自の技術によって劇的に電気代を抑えることに成功しました。

「アクアクララ」の詳細を見る

「それじゃ、一番安いアクアアドバンスで決まり♪」と思ってるアナタ。ちょっと待った!

『電気代』だけで決めるのはまだ早いですよ!

そもそもアナタがウォーターサーバーの電気代が気になったのは、ウォーターサーバーに掛かるお金、つまりランニングコストが気になったからのはず。

毎月に掛かるランニングコストは電気代だけじゃありません!

毎月掛かる電気代以外のランニングコスト

水(ボトル)購入代金
⇒ボトル料金、最低購入本数、毎月のノルマ

サーバーレンタル代
⇒最近はレンタル代タダのところが多いが掛かるところも

サーバーメンテナンス代、他
⇒年1度の頻度でサーバーメンテンナンス、初期費用

電気代に加え、これらを含んだ全体のコストで検討することが重要です。

一覧比較!ウォーターサーバー年間の合計料金

算出条件
(平均電気代×12ヵ月)+(水代×月最低本数×12ヵ月)+(月サーバーレンタル代×12ヵ月)+その他の費用

アクアクララ 51,000円/年(アクアアドバンス、ドレスアップサーバー)
53,400円/年(アクアトラスト)
58,800円/年(アクアスリム、アクアレール)
クリクラ 48,640円/年(省エネサーバーL)
46,240円/年(省エネサーバーS)
コスモサーバー 50,400円/年(SMART)
53,760円/年(スタイルセレクト)
クリティア 53,408円/年(スリムサーバーⅡ)
54,960円/年(クリティアmini)
フレシャス 62,832円/年
キリン アクウィッシュ 66,000円/年

年間コストが最安なのはクリクラ!

電気代以外のランニングコストを踏まえた結果、年間コストが一番低かったのはクリクラ!
クリクラは初回設置費用や年1回メンテナンス費用も掛かることから、一見するとコスト高かと思いましたが意外や意外。他のメーカーが5万円を上回るなか、クリクラだけが5万円を切る結果になりました。
きちんと計算してみないと分かりませんね。。。

電気代含むコストを考慮したおすすめウォーターサーバー!

クリクラ『省エネサーバー』

クリクラ
クレヨンしんちゃんがイメージキャラクターを務めるクリクラ。CMなどでもおなじみですよね。

【オススメの理由】
1.年間のコストがもっとも低い
2.宅配水売上高シェア2年連続No.1
3.無料お試しができる

コスモサーバー『楽々サーバーsmart』

コスモサーバー

【オススメの理由】
1.天然水の中では一番安い
2.楽々サーバーsmartは使い勝手も◎

アクアクララ『アクアアドバンス』

アクアクララ

【オススメの理由】
1.初期費用が掛からない
2.サーバーカラーが豊富

このページの先頭へ